「大和探査技術株式会社」埋設・埋没物調査
ホーム > 業務案内 - 埋設・埋没物調査
陸上埋設物・埋設管調査

主に道路・通路の地下に埋設された各種パイプや電線類また、撤去された構造物の基礎や基礎くいの調査法としては磁気探査地中レーダ電磁波探査が有効です。地中レーダはだいたい深度2〜3mが限界です。磁気探査は対象が鉄類で周囲にノイズとなるほかの鉄類がない場合に適用が可能です。

 
 
構造物基礎・基礎くい・残置矢板等の根入れ調査

地下鉄工事や推進管工事において構造物の基礎や杭の位置を確認する必要があります。
このような場合にはボーリング孔を掘りその中で鉛直磁気探査物理検層を行い、対象物の位置と深度を調査します。