「大和探査技術株式会社」環境調査
ホーム > 業務案内 - 環境調査
土壌・水質汚染調査

重金属類・揮発性有機化合物(VOG)・農薬等に汚染された土地が問題になっています。
これらは放置すると、さらに周辺に広がります。規定にのっとりボーリング調査により土壌のサンプリングまた水中では潜水士による採泥、気体の場合は穴を掘り採気を、すでに水に溶けている場合は採水し、土壌・大気・水質分析等を行います。万一汚染が確認されたら、その汚染源、汚染範囲と汚染経路を探る必要があります。これらは地質構造と地下水が大きく関係します。
調査方法としては電気探査・トレーサ等があります。

 
 
振動騒音調査

建設工事や交通による振動や騒音はその付近の住民にとっては大きな問題となります。
そのような振動・騒音を振動レベル計や騒音レベル計を用いて計測し、建物や人体に対する影響を評価します。