「大和探査技術株式会社」地中熱交換器の調査・設計施工
ホーム > 業務案内 - 地中熱交換器の調査・設計施工
地中熱の定義

「地中熱」は、おおよそ地下200m以浅の低温熱エネルギーで、地中熱利用システムでは主に深度10〜100m程度を採熱対象にしています。

地中熱利用ヒートポンプは地中(地下水)を熱源として空調を行うため、空気熱源方式と比べて高効率の運転が可能であり、消費電力を30%程度削減することができます。

日本地熱学会ではこの地中熱を「第4の地熱」と位置づけ、地中熱利用ヒートポンプの導入促進の提言を行なっています。

  区分 対象温度 名称・目的
1 超高温地熱 400℃以上 将来型資源(研究)
マグマ・高温岩体、熱交換、発電主、局地的・地域的、主として基礎的研究
2 高温地熱 200〜350℃  
天然の高温高圧蒸気、発電、局地的、再生可能性保証、新資源の発見
3 低・中温地熱 数10〜百数10℃  
中低温熱水、直接利用、バイナリー発電、局地的・地域的、経済性(総合的技術開発)
4 地中熱 10〜20℃ 第4の地熱
浅い地層・地下水の熱、室内冷暖房、温水供給、ヒートポンプ、普遍的、経済性(総合的技術開発)、普及活動、ヒートアイランド、地球環境問題
 
採熱対象地盤の調査

地中の採熱効率は、地盤の熱特性(熱の伝えやすさ)に左右されます。この熱特性を把握するため、(1)地下水位、(2)地下水流向・流速、(3)帯水層厚さ、(4)平均熱伝導率、(5)平均熱容量、(6)地下水による流れ効果(地盤熱源ポテンシャル)等の調査を行います。

調査は、熱応答試験(サーマルレスポンステスト)、調査ボーリング、地下水流向流水計(GDF3A/4)、高密度電気探査等により地盤特性を把握します。

 

◆高密度電気探査

 

◆地下水流向・流速測定

 
エネルギー削減実績

地中熱の利用で、環境負荷の低減を実現しました。2008年度の年間エネルギー使用量は、同規模施設の標準値に比べ、省エネ率40.2%を達成し、「自然エネルギーを積極的に活用することで環境負荷の低減を実現している」と評価されました。